成功する転職と失敗する転職!違いはこれだ!

外資系のメリットとデメリットを理解する

外資系企業に転職を検討する際、成功と失敗を分ける大きなポイントは、外資系のメリットとデメリットの両方を把握しているかどうかです。外資系企業と言うと、皆の羨望を得られるような仕事というイメージがあるかもしれませんが、良い面もあれば悪い面もあります。メリットとしては、給与が高い傾向にあることや、社風が自由であること、オンオフの区別がつけやすいこと、実力次第で年齢に関係なく昇給できることなどがあげられます。

反対にデメリットとしては、実績を上げ続けなければならないプレッシャーがあること、収入が不安定であること、日本の市場から引き上げる場合があることなどがあげられます。まずはこれらの特徴について把握しましょう。

自分が外資系企業に向いているか考える

外資系のメリット・デメリットを理解した上で、自分が外資系企業に向いているのかを考えてみましょう。例えば、自分の力を試してみたいというアグレッシブな性格の人には実力主義の外資系は向いているでしょう。しかし、日系企業に多い年功序列的な体制に慣れているため、常に実績を求められる外資系企業の雰囲気が合わないと感じる方も少なくないと考えられます。

また、外資系企業は実力次第で高い給与がのぞめますが、給与における歩合給の割合が高いため、実績がないと収入が大幅にダウンしてしまうリスクがあります。外資系企業にマッチしない人が外資系に転職する、これは転職の失敗と言えるでしょう。転職後に公開しないためにも、転職前に自分と外資系の相性をじっくり考えてみることが大切です。