転職するには自己主張が必要!

書類選考の段階から自分の得意分野や職歴を上手くアピールしよう

外資系企業では、しっかりと自己主張ができる人材が重宝される傾向があるため、志望企業の入社試験の際は、書類選考の段階から自分の得意分野や職歴を担当者に分かりやすいよう端的にアピールすることが大切です。特に、営業職などの人前に出て交渉をする機会が多い職種に就きたい人は、面接に向けてコミュニケーション能力を磨いたり、業務に耐えうる英会話のスキルを身につけたりすることがおすすめです。最近では、中途採用の試験の際に、求職者に対して英語でのエントリーシートの記入や面接を課している企業も多くあります。そうした中、ライバルが多い外資系企業に内定をもらうために、各社の求職者用のホームページや資料などを利用しながら、余裕を持って試験の準備を始めることが重要です。

実務経験が豊富な人や国家資格を持つ人は有利な条件で転職可能

国内外を問わず民間企業における専門的な職種の実務経験が豊富な人は、外資系企業に有利な条件で転職できる状況にあります。たとえば、技術系の国家資格を持つ人は、基本給だけでなく手当やインセンティブなどの面で優遇してもらえるケースも少なくないため、転職後に収入アップを目指すには、採用面接の際にきちんと給与交渉をすることがおすすめです。給与交渉を成功させるには、面接を通じて入社後の展望について現実的な視点でハッキリと話すことや、人事担当者の発言の意図をしっかりと汲み取ることが重要です。その他、効率良く転職活動を進めたい人は、採用試験の前に興味があるいくつかの企業の採用担当者に、転職後の主な仕事内容や社内で求められる役割について聞いておくのも良いでしょう。